prose

白の花の閨の夜の朝の 

蒼白かった 昨夜の頬
冷たさに手指を滑らせ
想像を超えて不憫なことを 再認識しては
涙の粒が溢れて 汚す

あなたは 幾度か 私を傷付けた
虚飾のストーリを振り撒いてまで
私の誇りに 無数の針を突き刺したね
それは追慕の裏返しだったと
けれど 滲む赤褐色と疼痛の質に 変わりはない

よく知っているよ あなたの心身を
それこそ 生まれついての血族のように
哀れな双子の星は 互いをきつく抱いて
遠い地平へ 墜下してみましょうか

現世のあらゆる不幸は 既に見たから
これ以上の酷いことには もう出会えないだろうな と 笑いあう
蒼白く冷たい肌は 今朝も同じ
でも唇だけは紅く濡れ 薄明の中に光ったり

ここには ユリの花の香が 充ちている
野育ち 温室育ち
走りたかった夏のユリ きっと厳冬に掠れてくユリ
様々に取り合わせ 束ねられた 白の花卉は
不具の私たちに 似合うかな

sakakit20171202a

recent entry

prose titles

monthly archive

© Ren Sakaki. All Rights Reserved.