prose

水底から空へ向け、微かな叫びを響かせる 

私はいつも、まずラストのシーンを書き上げてから、続いて冒頭のシーンを書く。
スタートとゴールを決めたうえで、全体を書き始める。
ラストのシーンを説得力あるものにするために、断片的エピソードをところどころに挟んでいき、そのエピソード同士を円滑に繋げるよう、さらにエピソードを盛り込んでいく。
その繰り返し。
まるで、数十万ピースのパズル作品を作り上げるため、小さなピースを世界中の海の底から探し出し、そのひとつひとつを額に当てはめていくように、物語を構築するのだ。

recent entry

prose titles

monthly archive

© Ren Sakaki. All Rights Reserved.