weblog

 

オドラデク 

友人との飲みの席にてカフカの名が出て、最近は忙しすぎて読書する時間も全く無かったな、と。
そういえば二年ぐらい前だったか、「変身」を繰り返し読んでいたら、ある夜とうとう自分がグレゴール・ザムザになっている夢を見てしまった。
顔も分からぬ御仁からリンゴをしたたか投げられ続けたのだから、明確に悪夢だった。

カフカは天才だと常々考えているのだが、特に短編作品に、彼の持つ異様なまでの天才性が表れているように思う。
オドラデクなるものに関する小品に出会った時の衝撃と言ったらなかった。

recent entry

weblog titles

monthly archive

© Ren Sakaki. All Rights Reserved.