weblog

 

未来への行く手を阻む、あの高い壁は何だろう。(小説『エクサスケールの少女』を書き終えて) 

今秋に発売予定の新刊のタイトルが決まりました。
『エクサスケールの少女』といいます。
スパコンやAI、AGI、シンギュラリティつまり技術的特異点などをモチーフに取り入れた、エンターテインメント小説です。
ざっくりとSFもしくはファンタジー、またはミステリにカテゴライズされるのかな?

以下、ご参考までに、本作に関連する過去記事のリンクです
➤「軽やか朗らか、未来予想図」
➤「人工知能は、機械は、世界の空を明るく照らすか」
➤「Green500に向け計測実験!@PEZY computing&理化学研究所」
➤「ISC 2016 、あやにも緑の内に、菖蒲の花は咲き誇って」

『エクサスケールの少女』は理系の知識を多く取り入れたSFファンタジーですが、人間の精神や思想の問題をメイン・テーマとしています。
つまり今回の小説は、まったくもって「政経ファンタジー」ではないのです!
多くの方々によって日々、どういった政治がおこなわれるべきか、経済はどのように発展すべきなのかと議論が交わされていることを有意義とは思う一方で。
やはり私としては、政治とか経済、イデオロギーよりも、「良心」や「思いやり」こそ、人間の生活を改善する最たるものだと考えているからです。

卓上にパンが一つあったとして。
そのパンを囲む人の数は、千だとする。
あなたならこの時、どうしますか?
一つのパンを巡り熾烈な戦いを勃発させ、最後まで勝ち抜いた強い個体が晴れてパンを得、ひとり生き残るべきだろうか?
それとも一つのパンを細かく千切り、おそらく明日にも全員が死にゆく運命となるだろうけれど、それを厭わず皆へ平等に分け与えるべき?
人間にとって、果たしてどちらが、“正しい”んだろうか。

さてさて。
正直SNSについてはあまり得意でないのですが、新作が出ることもあり、Twitterを始めてみました。
宜しければフォローくださいませ。
➤さかき漣Twitter

※加筆。新刊のアマゾンでの購入はこちらです
➤『エクサスケールの少女』

※加筆。さかき漣の「Facebookページ」ができました。
宜しければ「いいね」頂ければ幸いです。
➤さかき漣Facebookページ

recent entry

weblog titles

monthly archive

© Ren Sakaki. All Rights Reserved.